FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18きっぷ駆使しての東京から北海道帰宅移動劇(その2)

前回の続きです。
出発の前日31日夜、当初は神奈川県湘南市で年越しをするはずでしたが上野駅から出発を考えると終夜電車でも間に合わない事が判明。これを諦めて都内渋谷で年越しを過ごすことにしましたが警察による駅前規制が実行され、忠犬ハチ公前で年越しをしたかったのですがこれも断念して外れての場所で。その後山手線で上野駅に向いましたが到着時には既に深夜1時30分を過ぎていた。当初Twitterで出発までネットカフェで仮眠とツイートしたのだが出発は5時46分。仮にネットカフェへ入って最初の1時間ぐらい寝ることは無いのでネットカフェに入らずJRも初詣の為の終夜電車が運行していたため上野駅から京浜東北線経由大船駅を往復して仮眠をしながら戻ってくる行動をとった。
上野駅に戻ると時間も5時過ぎ。乗り換え時間が少ない事と朝ご飯とコーヒーが欲しいので一旦駅そとへ出て近くのコンビニへ買い物を済ませた。
そんなことしている内に出発の時間がやって来て有人改札口で18きっぷの1日目に日付を入れてもらい宇都宮行き7番線ホームへ移動。
上野駅2014年1月1日
↑5時46分発の普通宇都宮行き7番線15両4ドアに乗車。

乗車して定刻に出発。
出発から思ったより人も少ない。ロングシートであったがゆったり乗ることも出来たし車窓を眺めながら東京を見納めをした。
途中小山駅到着前には2014年の初日の出も車窓から綺麗に見ることも出来たし写真に収めることも何とか出来た。2013年は札幌にいましたが相変わらず初日の出は見ることはありませんでしたので今回は思い出の一つが出来ました。
1388527531852.jpg
↑小山駅到着前に車窓から2014年の初日の出も観られた。

時間が経つのが早く感じたため終着宇都宮駅7時29分に到着。直ぐに7時37分発の黒磯行きの普通電車に乗り換え。宇都宮と言えば餃子。駅弁に宇都宮餃子弁当があってが購入を狙ったのですが、まだこの時間だった為販売が開始しておらず断念し黒磯行きに乗り換えました。

1388529215777.jpg
↑宇都宮駅に到着。駅弁は販売開始前だったので諦めて黒磯行きの普通電車に乗り換え

7時37分発の黒磯行きの普通電車を出発。しかし、車内には広告ポスターが一つもない事に寂しさが感じ、車窓から農業地帯観られ北関東もまだ田舎の感じさもあった。

1388529789946.jpg
↑黒磯行きの普通電車の車内が広告ポスターが1つもない事に。

1389406155000.jpg
↑宇都宮駅を出ると農業地帯へと急激に変化。

何事もなく終着黒磯駅8時28分に到着。直ぐに8時37分発郡山行きの普通電車に乗り換え。
ここ黒磯駅では必ず乗り換えすることになる。これは黒磯駅を南北を栄に南は直流方式の電車と北の交流方式の電車が別れておりこれらの方式が異なる電車も直流方式の電車は電気規格が異なるため交流方式の区間へ入る事は出来ない(その逆も同じ。但し、互換車両搭載車は除く)
黒磯駅構内にデットセクション(死界)があるがこれは電気機関車などの互換車両に限られている。
また路線名もここまでは愛称宇都宮線であったが、この先からは通常名称東北本線へと戻る。

DSC_0098.jpg
↑黒磯駅の郡山、福島方面専用ホーム

DSC_0099.jpg
↑光で見づらいが画像真ん中に空中架線が切れているのが分かる。これがデットセクション(死界)である。郡山、福島方面専用ホームから見渡すことが出来る。

8時37分発郡山行きの普通電車を出発。
東北地方に入り福島県堺を過ぎると雪の景色も観られた。
今回東北福島県へ入ったのは2011年3月の震災直前以来であるし宮城県も同様です。

1388534238912.jpg
↑福島県に入り白坂駅では雪が積もっています。

今回乗車中福島県に入ると何故かか分からないが1980年代始め頃のアニメ作品「J9」シリーズという懐かしい作品を思い出した。特にサスライガーの最終話が心の中から思い出しました。と束の間に9時52分終着郡山駅に到着。その直後10時09分発福島行きの普通電車に乗り換え。

1388537629038.jpg
↑北上していくと天候が崩れるかと心配していましたが郡山駅に着いてからも快晴で日差しも良く気温も暖かかったです。

郡山駅を出発して順調に10時55分に終着福島駅に到着。11時00分発仙台行き快速列車「快速シティーラピッド」に直ぐに乗り換えし定刻12時16分仙台駅に到着。12時45分発小牛田行きの普通電車の発車まで時間があるので今度こそ駅弁を購入に一旦駅そとへ。
仙台といえば牛たん弁当。宇都宮駅で買いそびれましたが今度は購入できた。

DSC_0101.jpg
↑福島駅に到着。ここで初の快速列車「快速シティーラピッド」に乗車。

1389406173236.jpg
↑震災後の仙台駅に到着。仙台も快晴で10年前の思い出を出させてくれた。

1389406178746.jpg
↑仙台駅名物牛たん弁当。黄色い紐がありますが弁当を水平にして完全に引っ張りとると。

1389406185118_20140111121723da7.jpg
↑急激に温度が上昇しやけどになるほど弁当が熱くなります。弁当の底には加熱剤が仕掛けており弁当がすぐに温まる様な仕掛けになっている。

1389406190903.jpg
↑開けると熱の蒸気が現れ調度良い暖かいお弁当が出来るわけです。美味しかったです。

車内で牛たん弁当食べてる間に12時45分発小牛田行きの普通電車が出発。
小牛田駅までの途中松島駅がございますが、ここから松島海岸へは無難です。この路線とは別に仙台駅から仙石線を利用し松島海岸駅があるのでそちらが便利です。もうひとつは鹿島台駅では2002年から一年半この街に仕事で住んでいました。実際この周辺にとっては個人的に懐かしい場所でございます。

1389406203108.jpg
↑鹿島台駅。ちょうど画像に写ってる住宅地が住んでいた周辺です。

定刻通り13時30分終着小牛田駅に到着。13時46分発一ノ関行きの普通ワンマン列車へ乗り換え。
なんと、その隣には石巻行きの普通列車石ノ森章太郎作品群のラッピングトレインが止まっておりました。

1389406208200_20140111132546125.jpg
↑小牛田駅に石巻行きの普通列車に石ノ森章太郎作品群のラッピングトレインが停車していた。

ラッピングトレインの写真撮影している内に 一ノ関行きの普通ワンマン列車が発車してしまうので乗車。
この一ノ関行きの普通ワンマン列車の運転士がなんと女性だったのが驚きです。北海道はいませんから。

1389406219742.jpg
↑一ノ関行きのワンマン列車の運転士はなんと女性だった。

このまま14時32分に終着一ノ関駅に到着し、14時37分発盛岡駅行きの普通列車へ乗り換えをしそのまま東北本線を北上しましたが平泉駅以降天候が悪くなり雨のち雪に変わりましたが列車の遅れは出ることはなく16時14分終着盛岡駅に到着です。

ここからJR花輪線を利用するには一旦いわて銀河鉄道線を経由して利用していきます。

続く。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

18きっぷ駆使しての東京から北海道帰宅移動劇(その1)

一年ぶりのブログです。
まぁ、コメントも荒らされた形跡無く安心しました。
今回は青春18きっぷを使った東京から北海道札幌まで帰宅する事前計画無しの行動と言う事で実行しました。
まず、青春18きっぷ購入、利用は2011年3月の東日本大震災直前以来ですし、この時は札幌から鹿児島まで片道3日半掛けて行った以来です。
前回の鹿児島移動の旅についてですが、旅記録は手元にございますが、帰宅時に東日本大震災の理由でブログを書いてはいません。ですので現在もブログ掲載は検討中です。

利用した青春18きっぷとは、JRグループが年に3回(年末年始、春休み、夏休み)に発売されている企画フリーきっぷであり、初めて発売開始したのは1983年の国鉄時代に「青春のびのびきっぷ」という商品が発売されのをきっかけに利用者に人気を呼び後に現在の名称の商品になっております。
このきっぷの効力は5日(5人)分で11500円であり、全国のJR線の普通、快速列車のみ利用が可能で、快速列車に座席指定がある場合座席指定席券のみを新たに購入することで乗車可能でSL列車なども乗車可能です。
本州から北海道へ行くには特殊条件があり、利用方法としては津軽線蟹田駅~江差線木古内駅は普通、快速列車が運行していない為この区間限り18きっぷだけで特急列車自由席に乗ることが出来ます。
また、第三セクター鉄道の「青い森鉄道」も条件付きで利用は出来ます。本来なら利用は出来ませんが、青森駅、野辺地駅、八戸駅に限り18きっぷだけで利用は出来ます。これは、野辺地駅はJR大湊線、八戸駅はJR八戸線があり、これらの路線が孤立、他のJR線の接続線が無い為利用処置として条件が付けられています。但しこれらの3駅以外の駅を下車をしたい場合は18きっぷは使うことは出来ません。

18きっぷ未使用2014年
↑現在の青春18きっぷ。

本題に入りますが、今回は2013年12月29日から31日の3日間コミックマーケット85(以下、コミケ)に一般参加をいたしました。
行きは2ヶ月前から航空券を安く購入をいたしましたが帰りの航空券は取りませんでした。元々予算が無かった訳では無かったのですが、帰りは飛行機で帰るのは面白く無い事で大洗港からフェリーを利用するか18きっぷを利用して2日掛けて北海道へ帰宅するかが悩んでいました。
コミケ2日目終了後一晩過ごす為横浜駅前のネットカフェでフェリーか列車かどちらか安く早く帰れるかを調べた結果、フェリーは1月2日の夕方まで運行が無く、フェリーの運賃は2等利用で11000円(食事無し)、更に上野駅から水戸駅までの運賃は2300円で更に水戸駅から鹿島臨海鉄道大洗鹿島線の大洗駅の運賃は390円。北海道苫小牧港からJR苫小牧駅までのバス運賃は210円、苫小牧駅から自宅最寄りの発寒中央駅までの運賃が1230円。運賃トータル合計は15130円だが、食事も3日分含めれば約18000円ぐらいはする。フェリーではお風呂もありゆったりと船旅が楽しめるメリットはある。帰宅時間は1月2日の昼過ぎに上野駅を出発し北海道の自宅帰宅は3日の夕方か夜になる。

一方、列車の場合は18きっぷは11500円。これは東京上野駅から北海道発寒中央駅までの運賃は通常14800円するのに対し3300円安い。しかも列車の遅れや乗り換え違いや乗り遅れをしない限り2日間で帰れるが乗り換え乗り換えとしなければならないのがデメリットがあるが駅での待ち時間がある場合駅弁を購入したりちょっとした町の観光気分と言った楽しいメリットもある。

ということで青春18きっぷを使っての列車利用の帰宅を選んだのです。個人的としてはこっちの方が面白く楽しみにしていたし色んな街や車窓なども楽しい旅がしたかったし安く帰れるからです。

今回、18きっぷを駆使した列車で帰宅旅の計画ですが、今回2014年1月1日の早朝から1月2日の夜まで東京上野駅から北海道発寒中央駅の列車帰宅旅を行いました。但し、今後北海道へ列車で行かれる方、現在JR北海道では昨年の列車車両の連続トラブルの影響によってダイヤ変更を行っております。出発数日前から最新の情報を確認し
旅行されることをおすすめします。

今回行った帰宅旅のスケジュールはこんな形で北海道札幌まで移動しました。(特記の無いものは全て普通列車)

1日目
上野駅 5時46分発

宇都宮駅 7時29分着
乗り換え 7時37分発

黒磯駅 8時28分着
乗り換え 8時37分発

郡山駅 9時52分着
乗り換え 10時09分発

福島駅 10時55分着
乗り換え 11時00分発(快速列車)

仙台駅 12時16分着
乗り換え 12時45分発

小牛田駅 13時30分着
乗り換え 13時46分発

一ノ関駅 14時32分着
乗り換え 14時37分発

盛岡駅 16時14分着
乗り換え 16時36分発(いわて銀河鉄道線経由JR花輪線)

大館駅 19時16分着
乗り換え 21時08分発

青森駅 22時38分着で一日目の帰宅旅はストップ


2日目
青森駅 8時05分発

蟹田駅 8時43分着
乗り換え 10時00分発(特急、スーパー白鳥)

木古内駅 10時56分着
乗り換え 12時26分発

函館駅 13時35分着
乗り換え 14時26分発

長万部駅 17時28分着
乗り換え 19時46分発

発寒中央駅 23時43分着

と、こう言う形で帰宅旅をいたしました。
移動エピソードは近日に載せます。

最近は。

ブログも復帰は進めているものの、未だに進まない。
今回の今回冬コミへは行かなかったが、欲しい同人誌はあったものの入手できた物と出来ない物もあるので少々楽しい事はない。
今回手に入れた同人誌は、まどか2冊、てぃんくる☆は4冊とCGソフトが1本、スマプリ1冊、オリジナル1冊。
てぃんくる☆はもう2冊(?)あるのですが、これらは委託販売はしておらず入手不可状態。
今回とらあな通販で頼んだ2冊とCGソフト1つ届いた。とりあえず入手不可商品を除いて一段落が着いた。
あとはネットオークションで頼るしかないか…。
てぃんくる☆関連は健全作品が大い。もう、ほとんどのサークルさんたちのてぃんくる☆同人制作もほとんど終息していいるのがほとんどがだし落ち着いている

コミックマーケットカタログ冊子版は不要?(2011.12.12)

ここ近年のコミックマーケットのカタログ冊子版は年々につれ、ページも増え続けており厚くなってきている。まるで百科事典並になってしまったものだ。
しかし僕もこれを持ち歩くのはさすがに辛い、今年の夏コミからROM版へ購入を変更した。
しかし、ROM版にもプリンターを使って印刷など対策があったがそれもインク代も高いのであまりオススメできないもので、他にも活用法にもいくつかの欠点があった。そこで僕も閃いたのがスマートフォンやタブレットにカタログデータをまるごと入れて活用する方法だった。近年、携帯電話からスマートフォンへと人気がシフトしている時代になっているので恐らく漫画、アニメ、デジタルの3分野を持ったユーザーが多いはず。
僕もその一人ですが1年前にケータイからスマートフォンへ乗り換えをし現在使っていますが、先月カタログデータを10.1インチのAndroidタブレット端末に入れたくて購入をしました。

そこでここで読んでくれた皆さんに教えたくて今回ブログを書きました。
さて、分かっている人は結構いると思いますがAndroidアプリ「AndCCV:コミケカタログビューアー」というソフトを使って活用してもらいたいわけです。

そゆうわけで、下準備から活用まで出来るだけわかりやすく解説をしていきます。

まずは下準備
Android OS搭載のスマートフォン、タブレット端末(いずれもSDカードスロットを搭載したもの)
SDカードもしくはmicroSDカード(4GB以上の容量が望ましい)

PC側は、Windows XP. Vista.7のPCでSDカードスロット(microカードの場合はアダプターも必要)とDVDドライブ搭載または外付け。(今回のカタログからDVD-ROMに変更された為)
コミックマーケットカタログROM版。

以上の環境が揃っていれば実行に入ります。

ここでは作成から使えるようになるため作成方法をしていきます。
僕の使用しているWindows 7PCとAndroidタブレットを使って解説をしていきます。

1>コミックマーケットカタログROM版をPCのドライブにセット。

2>PCにSDカードを挿入しておきます。

3>「スタート」→「コンピューター」→「SDカード(機種によって表示が異なる場合あり)」とアクセスしてトップファイルを開きます。

4>SDカード内のトップファイルの状態で「新しいフォルダー」をクリックして名前を「sdcard」と入れて作ります。
コミカタログ1

5>作成した「sdcard」のフォルダーをクリックしたら中は何もありませんのでここで「新しいフォルダー」をクリックして名前を「external_sd」と入れて作ります。
コミカタログ2

6>作成した「external_sd」のフォルダーをクリックしたら中は何もありませんのでここで「新しいフォルダー」をクリックして名前を「ccv」と入れて作ります。
コミカタログ3

7>作成した「ccv」のフォルダーをクリックしたら中は何もありませんのでここで「新しいフォルダー」をクリックして名前を「C81」と入れて作ります。※コミックマーケット81カタログだったら「C81」。同じくコミックマーケット79だったら「C79」と作成をします。
コミカタログ4

8>コミックマーケットカタログをドライブに挿入して起動します。「スタート」→「コンピューター」の順アクセスし「DVDドライブ(機種によって表示が異なります)」でマウスを右クリックして「開く」を選択をします。
コミカタログ6

9>開いたら「DATA81」というフォルダーを開き、「CDATA」「MDATA」「PDATA」「UDATA」の各フォルダがあります。これを全部「C81」のフォルダー内にコピーをしたら作成は完了です。
コミカタログ7

コミカタログ5
10>インターネット接続した状態のスマートフォンまたはタブレットを用意して「Androidマーケット」を開きます。

11>Androidマーケット内の検索に「AndCCV」と入力して検索ボタンを押したら「AndCCV:コミケカタログビューアー」のソフトが現れますのでこれを端末にインストールし、更にこれとは別に「AndCCVComp」のソフトもAndroidマーケットから端末にインストールしてください。(AndCCVCompとAndCCV:コミケカタログビューアーのソフトは無料です)

12>4~9の手順で作成したSDカードをスマートフォン又はタブレットに挿入します。

13>スマートフォン又はタブレットにインストールした「AndCCVComp」のソフトを起動しましたら「C81」が認識していれば成功ですので「OK」をタップしたら「C81用データベースを作成中…」と表示されますのでしばらくしてから「データベースの作成が完了しました。」と表示されたらカタログデータの作成は完了です。
IMG_20111213_2140431.jpg
インストールした「AndCCVComp」ソフトを起動

IMG_20111213_213626.jpg
初めての利用でカタログ81のみの場合は「C81」だけ表示されていますのでそのまま「OK」をタップをする「C81用データベースを作成中…」のメッセージが表示されますので作成完了時間が掛かるので完了したら作成作業は完了します。

14>後は先ほどインストールした「AndCCV:コミケカタログビューアー」を開けば思いのままなのでサークルチェックやマップなどの観覧が可能です。
\IMG_20111213_2140432.jpg
いよいよ「AndCCV:コミケカタログビューアー」をタップして起動します。

\IMG_20111213_213640.jpg
画面上部に検索の枠がありますのでお目当てのサークルや作者名など入れればデータが現れます。初回または一度端末の電源を切った場合は本ソフト起動直後に「作成中」のメッセージが現れ起動完了まで時間がかかる場合がございます。

IMG_20111213_213907.jpg
検索後お目当てのサークルデータが現れますのでその場でmailやHP(いずれもある場合)など簡単アクセスが出来たり色つけマークもその場での操作が思いのままにできます。

\IMG_20111213_213928.jpg
サークルブースマップも表示して確認もできる。

今回はここまでにしますがこの「AndCCV:コミケカタログビューアー」は紹介した他にも全体のサークルカットの観覧もできるので詳しいことはこちらへ→http://sites.google.com/site/higakik29/andccv-howtouse

タブレット端末には16.32GBの大容量の内部ストレージが搭載している端末がありますがこれはかなり失敗率が高いので加えて書きませんでしたら、挑戦したいのでしたら5以外の4~9の手順に従って作成すれば(例「sdcard」→「ccv」→「c81」)「AndCCVComp」のソフトは認識はしますがデータベース作成が失敗する可能性が高いので確実に成功するわけではありません。
また、スマートフォンでも全ての機種が対応しているわけでは無いらしいのでご了承していただきたい。
万一、失敗した場合はもう一度最初からやり直す必要がございます。

今回サークル「あんこ工房」さんのデータ画像を利用させていただきました。

ジュエルペットてぃんくる☆抱枕カバーとぷにケット(2011.11.13)

本日1年ぶりにぷにケットを一般参加してきました。まぁ、今回のぷにケットは2ヶ月前のスパヒロと同様大田区産業プラザ1階のホールで開かれたのでしたが、前回のスパヒロであるサークルさんと初対面に対して冷たい言われたり否定された事の衝撃やショックの影響がまだ心の中に残っていたし、ここの会場へも嫌な思いが心の中に貼ってしまっていたので、前回のCOMITIAやサンクリと同様にサークルさんたちに声を掛けず、お話をしない条件で会場へは昼12時半頃に入りました。逆にサークル「要(かなめ)」さんに声を掛けられたので少々びっくりしましたが、昨年の冬コミ以来の事だったので少し会話をかわして後にしました。わずか1時間足らずで会場から撤退、引き上げました。今回の同人誌はジュエルペットのコピー誌1冊とカタログ購入、フリーペーパー1種類入手して終了。

お話は変わりますが、てぃんくる☆ファンならご存知、今年の9月29日にムービックから待望の抱枕カバーが発売されました。今回のブログはこちらを中心に取り上げます。
この抱き枕カバーの購入には色々な奮戦記がありました。
今年の7月下旬に抱き枕カバーの発売決定の情報が出た後にムービックの通販で予約、代金も前払い振り込みも済ませておりましたが、しかし、この当時は札幌の実家で行った行動で発売直前の9月中旬に仕事の都合でさいたま市へ移住してきましたが、移住直後にまだネット環境が無かったし、発売日前日に住所変更を忘れていたため商品は既に札幌の実家へ発送されていました。しかし札幌の実家へ発送中だったのでムービックへお問い合わせと発送先の変更を由来してもらい札幌の実家へ届く事無く何とかさいたま市の方へ発送変更してくれることに対応してくれました。商品到着は発売日から3日後になりましたが何とか無事に届きました。

なぜかこちらへ来てからは考えが変わってしまい、ムービック通販で購入した抱き枕カバーは「保存用」として取っておきたかったので、これとは別に「使う用」として欲しかったのでネット通販を利用しないでアニメイトの各店舗と購入を目標に探す旅へ。これも自分の楽しみとして「探し回って楽しむ」「見つけた!購入した時の達成感」の気持ちよさがあるので、これも相変わらずの趣味なのでもはやこの癖は治りません。

まずは入手方法はバラバラで、最初に店頭で購入したのは10月2日にアニメイト渋谷店でミリアの抱き枕カバーをゲット。しかし、給料日までの生活していくのに予算も無いのにも関わらず無謀な購入をしてしまった為給料日数日前に前借りをしてしまう結果を招いてしまいました(前借り金額はそほどまではしませんでしたが。)。
その後しばらく捜索はお休みをしていましたが、今月の1日に捜索を再開し、アニメイト池袋本店から捜索開始をしましたが沙羅の抱き枕カバーを発見しましたがあかりの抱き枕カバーの購入を目標にしか考えていなかった為池袋本店を後にしてから千葉方面のアニメイト店舗の捜索中に沙羅の抱き枕カバーの購入を忘れていた事に気づきました。結局この日は池袋本店へ戻らず、見つからなずこの日の捜索は終了。
そして6日に再び捜索開始をしましたがまた再び池袋本店へ行きましたが奇跡的に沙羅の抱き枕カバーがまだあったので即購入を済ませ、後はあかりの抱き枕カバーだけになったのでその後に八王子、横浜方面の店舗を捜索。しかしこの日も結局見つからずとうとう店舗捜索は打ち切り断念しアニメイトオンラインで購入することを決意。
それもアニメイトオンラインもあかりの在庫も既に少なかったので危なく注文が取れたし、前回のDVD-BOXで発生したポイントも使用し捜索に使って無駄になった交通費もとりもどしました。そして、ぷにケットから帰宅後にあかりの抱き枕カバーも届いた事でようやくブログに取り上げる事に去りました。

やっぱいいですね抱き枕カバーは。公式商品は初めてだし3人娘たちもメロメロなるほど萌え可愛いです。
それと、来年1月16日(ミリアの誕生日)にてぃんくる☆のファンディスクの最新作が発売決定しましたね。しかも今回は新作映像やあかりの中学生日記、サントラCDで未収録のBGMを収録したCD、応募者にはミニ枕(DVD-BOXの特典ミニ枕とは別柄)が貰える応募ハガキ(?)がついて来るという素晴らしい商品になるとの事です。

てぃんくる☆抱き枕カバー
あかり、ミリア、沙羅の3種類。娘たちの姿は布ポスターに続いて伊部氏による書き下ろし仕様。3人ともほぼ実物大のサイズ(150㎝)なので本物の嫁たちが来たかのような感じもして萌え可愛いですね。


自分は未だに元気は出ませんがこの先の苦境を何とか乗り越えて行くしかありません。
プロフィール

宮の森

Author:宮の森

Facebook
最新記事
個人関連リンク
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。